エクオール大辞典【女性の更年期にもっとも効果がある成分】

エクオール大辞典【女性の更年期にもっとも効果がある成分】

このページでは、辛くて大変な「女性の更年期」に効果があるといわれるエクオールについて、くわしく調べてご紹介しています。

エクオールと女性について

それでは、まずはエクオールと女性の関係についてみていくことにしましょう。

更年期は、女性の閉経までの10年間をさします。40代に入りますと、約5%ほどのひとに生理不順がみられて45歳くらいから閉経するひとがあらわれます。

平均の閉経年齢が50歳といわれているので、その前の45~55歳あたりが平均的な更年期といえます。

更年期に入ると、卵巣の働きが低下して女性ホルモンの1つであるエストロゲンが、急激に減少してくることから、さまざまな更年期障害を引き起こすのです。

エクオールとエストロゲンについて

先ほど、「エストロゲン」というむずかしい言葉が出ました。

このエストロゲンは、女性の卵巣で作られています。

そして、子宮の発育・子宮内膜を増やす働きをしている女性ホルモンなのです。

エクオールとエストロゲンについて

10代に入り、思春期ともなると「エストロゲン」の働きは一気に上昇し、

月経として、女性らしい発育と発達がはじまります。

20代~30代の性成熟期には、なにも問題なく規則的な周期で「エストロゲン」は、月経として動いているのですが、

これが更年期ともなると、一気にエストロゲンのレベルは低下してきます。

更年期とエストロゲンの関係

すこし、複雑な流れになりますが、卵巣がうまくはたらいている状態では、

卵巣から脳にエストロゲンの信号が送られ、その脳が「卵の発育をうながす卵胞刺激ホルモン」=FSH、そして「排卵をうながす黄体刺激ホルモン」=LHの信号を

卵巣に送ります。

つまり、脳と卵巣でのキャッチボールがうまくできている状態です。

更年期とエストロゲンの関係

しかし、更年期になると卵巣の機能が低下して、エストロゲンも減少し

いくら卵巣から脳が信号を受け取っても、生産ができないため、FSHやLHといった女性ホルモンを「出してほしい」いう無理な信号となり、

処理できなくなり、汗をかきやすい・イライラする・顔がほてる

といった、うまく分泌できないことで更年期障害が起こるのです。

更年期障害には以下の症状が含まれます。

  • 音に敏感になってきた。
  • 手足や指がしびれてきている。
  • 手足や腰が冷えやすい。
  • 手足の関節が痛くなってきた。
  • 背中や腰が痛むときがある。
  • 首や肩がこりやすい。
  • 頭がズキズキと痛くなったり、頭が重い。
  • 胸がぎゅっとしめつけられるときがある。
  • 胸の動悸がはげしくなり、ドキドキする。
  • 急に物忘れをしたり、おぼえが悪くなる。
  • とにかく目が疲れる。
  • なぜか憂うつになって、くよくよしてしまう。
  • 神経質になっている自分がいる。
  • 最近不安に感じることが多くなった。
  • 興奮しやすく、イライラも多くなった。
  • 夜中に目が覚めて、なかなか寝つきが悪い。
  • 汗をかきやすくなってきた。
  • 急に顔がのぼせる。
  • 上半身だけがほてっている感じがする。
  • 顔が赤くなってほてっている。

以上に当てはまる方は、女性ホルモンが減少している「更年期」の傾向にあります。

エクオールと女性ホルモンについて

それでも、お知り合いの同年代の女性のなかにも

「更年期」を感じさせない若々しい人がいるのは、なぜでしょう?

うらやましくなっちゃいますね…

その理由は、なんと健康食にあったのです。

大豆とエクオールの関係

大豆は、日本人と深い関係にありますね…

ざっとあげるだけでも、

枝豆・もやし・煮豆・いり豆・きな粉・納豆・味噌・しょう油・豆乳・ゆば・おから・豆腐・こおり豆腐・油揚げ・厚揚げ

と実にバリエーションに富んでいます。

必ず、わたしたちも一度は口にしたことがある大豆製品は、

昔から日本人の食生活に、よくなじんだ健康食材なのです。

ここで重要なお知らせです。

大豆は「女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きの成分」を含んでいます。

英国の医学専門誌には

「日本人は大豆製品をよく食べるので、女性の更年期障害が軽い」

「欧米人にくらべて、骨粗しょう症の発生率が低い」のは大豆が関係している

という報告があがりました。

つまり、大豆に含まれる「エストロゲンに似た成分」が女性の元気と若々しさを保つのです。

エクオールと大豆イソフラボンについて

大豆の中には、イソフラボンと呼ばれる成分があり、

腸内細菌によって、それが「エクオール」という物質に変わります。

くわしく見ていきましょう。

イソフラボンって、そもそも何なの?

そもそも「イソフラボン」とよく聞きますが、何なのでしょう。

イソフラボンは、大豆(全粒)の100gあたりに約200mg含まれている「ポリフェノール」の一種です。

大豆全体の約0.2%ですから、とても貴重な成分といえますね。

そのポリフェノールには、植物に含まれている色素・苦味と渋み・あくが含まれていて

これが昔からの日本の食卓に並ぶ、味噌・豆腐・納豆を利用した和食の味を作っています。

イソフラボンって、そもそも何なの?

そのイソフラボンは、先ほどもお話したとおり、とても貴重な成分ですが、特に多いのが「胚芽」と呼ばれる部分で、他の場所よりも10倍も多く含まれています。

つまり、「胚芽」が、生命力のみなもとになっているのです。

イソフラボンには2種類に分かれます

  • グリコシド型イソフラボン
  • アグリコン型イソフラボン

「アグリコン型」だけが、女性ホルモンを補える

またもや、ややこしくなって難しい呼び方ですが、単純に言いますと

グリコシド型は分子が大きく、糖がついたままでなかなか体内に吸収されないイソフラボンです。

逆に、アグリコン型イソフラボンは、最初から糖がはずれているので、胃や小腸から、どんどん吸収されるイソフラボンということです。

豆腐・納豆などの大豆食品は、グリコシド型なので、たくさん食べてもイソフラボンが吸収されにくいです。

かわって、味噌やしょう油などの発酵された「大豆食品」は、アグリコン型なのでイソフラボンをそのまま吸収しやすくなっていますが、

塩分が多く、たくさん摂取しすぎると成人病にも成りかねないので、ご注意下さい。

「アグリコン型」だけが、女性ホルモンを補える

ということで、

先ほどの吸収力が高い、アグリコン型イソフラボンが、なんと分子構造が女性ホルモンである「エストロゲン」とそっくりなんです。

アグリコン型」だけが、女性ホルモンを補える

ですから、女性の更年期の骨粗しょう症、妊娠しやすいカラダつきに影響がある女性ホルモン=エストロゲンそっくりの、アグリコン型イソフラボンを摂取すると、

体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるので、女性のホルモンバランスの乱れを緩和してくれるため、

イソフラボンは、「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

アグリコン型イソフラボンから、いよいよエクオール誕生?

さて、イソフラボンも2種類に分かれて、

アグリコン型イソフラボンこそが、吸収力がよいことがわかりました。

そのアグリコン型イソフラボンの中身が、実はまた3種類!も分かれていて

  • ゲニステイン
  • ダイゼイン
  • グリシテイン

という3つのイソフラボンの成分から、アグリコン型イソフラボンは構成されているのです。

アグリコン型イソフラボンから、いよいよエクオール誕生?

ゲニステイン

ゲニステインは、強力な抗酸化活性をもっていて、体内を無毒化するSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の働きをよくします。

エストロゲン作用が強く、ガン細胞があった場合抑制する働きもあります。

ダイゼイン

次に、ダイゼインはエストロゲン作用が強い成分です。

2番目ですが、副作用もおこさずに、おだやかにエストロゲン効果がありますし、イソフラボンが約70%と豊富に含まれているのが特徴です。

また、腫瘍(悪性)の成長をうながす酵素を抑制したり、血中アルコール値を下げる働きもあります。

このダイゼンだけが、エクオールに最終的に変身します。

グリシテイン

グリシテインは、エストロゲン作用がまったくありません。

つまり、エストロゲンが一番強いのがゲニステイン、その次がダイゼイン、そしてグリシテインです。

ゲニステインは、親和性が高いのですぐ効果が期待できるのですが、逆にエストロゲンが強すぎて、副作用を起こす可能性があると言われています。

大豆イソフラボンを摂取しても、更年期障害の改善がみられない?

大豆イソフラボンが、更年期に効果があるって聞いたけど...

先ほども、お伝えしたように

更年期にさしせまると、女性特有のリズムに乱れがしょうじて、

心や体にさまざまな変化があらわれます。

しかし、先ほど大豆製品が女性ホルモンに近い成分がある!と摂取しても

たとえば、積極的に納豆や豆腐・豆乳の大豆製品を食べても

いまいち「更年期障害の改善」効果が感じられない、ときがあります。

それは、なぜでしょう?

エクオールと腸内細菌について

今までの流れをまとめてみます。

  1. 更年期障害には、イソフラボンが良いらしい。イソフラボンには、グリコシド型イソフラボンと、アグリコン型イソフラボンがあって、吸収力の高いアグリコン型さんがエストロゲンに似た働きをする。
  2. アグリコン型イソフラボンの中には、「ゲニステイン・ダイゼイン・グリシテイン」という3つのイソフラボン成分があって、ダイゼインが副作用もなく一番エストロゲン効果が高い

そして、ダイゼインだけが腸内細菌(フローラ)によって、

エストロゲン受容体に結合して、女性ホルモンのようにはたらきます。

この変化したスーパーイソフラボンだけを「エクオール」と呼ぶのです。

女性ホルモンが少なくなったときの「エストロゲン受容体」に、ピタッとはまるエクオールは、通常のイソフラボンよりも10倍近くの効果を発揮します。

乳がん患者の方は尿へのエクオール排泄量が多く、また前立腺がんの患者の方はエクオール生産性が低いこともわかっています。

つまり、エクオールが体内にたくさん産生されれば、乳がんや前立腺ガンの発症リスクは低いといえるようです。

エクオールと腸内環境について

じゃあ、その女性ホルモンに似た「エクオール」

じゃんじゃん体内で作ってくれたらいいのに!と思うでしょう。

そんな更年期障害にもっとも効果がある「エクオール」なのですが、

先ほどの、大豆製品:特に発酵された味噌・しょう油から摂られる「アグリコン型イソフラボン」を

もし、毎日多く食べたり・料理に使ったりしていても

なんと2人に1人は「更年期障害」が治らないのです。

腸内環境によって、エクオールは作られる

どうして、イソフラボンである大豆製品を大量に食べたり、使っても

エクオールは作られないのか?

腸内環境によって、エクオールは作られる

それはエクオールが奇跡の成分といえるくらい偶然性によって発生するスーパーイソフラボンだからなのです。

先ほどもお話したように、

イソフラボンの中でも、2種類にイソフラボンが分かれ、

その中でまた3種類ものイソフラボンに分かれて、体内に吸収されます。

そして、唯一、ダイゼインと呼ばれるイソフラボンが、腸内に入ったとき

「腸内環境」が整っていたら、代謝によって運よく「エクオール」として変身するというものです。

この腸内環境が整っている人が、

日本をはじめ、アジア人の場合は全女性の人口の50%、つまり半分しかいないというのです。

それでも、欧米人はさらに低く、3人に1人もいないそうです。

それは、アジア諸国に「大豆をメインの食事のなかに取り入れる健康食発想」があるからでしょう。

和食は、海外のかたにも人気ですよね!

エクオールの効果について

そのエクオールの効果を実感するために、

必要なことは何でしょうか?

大豆製品を毎日たくさん食べて、いつかエクオールが産生できるまで、がんばってみることでしょうか?

そういうあてずっぽの時間や金銭を使うのは、

忙しい現代女性にとっては、馬鹿げたことですね。

答えは2つあります

1.エクオールが作れるか?チェックをする

エクオール検査「ソイチェック」って効果あり?口コミと評判も追加できます!

まずは、己を知る。

自分自身が「更年期障害に効果がある」エクオール

作れる腸内細菌を持っているか?

調べられる「エクオール検査キット」です。

こちらは軽い尿検査を提出して、すぐに結果が得られるので好評です。

名称は「ソイチェック」といいます。

>>エクオール検査「ソイチェック」って効果あり?

2.エクオールサプリメントを購入する

最後に、効率がよいエクオールの摂取方法は、

ホルモン注射ではなく『エクオールサプリメント』を摂取するだけです。

以前は、どこにも売られていませんでしたが、

ここ数年、テレビで特集番組を組まれて「エクオール」の必要性と認知度があがってきたので

製薬会社がいくつかの、エクオールサプリメントを販売するようになりました。

こちらも、比較してみましたので、文末リンクをご参考にしてください…

エクオール大辞典【女性の更年期にもっとも効果がある成分】まとめ

いかがだったでしょうか?

もし、アナタが更年期の症状に悩まされているのであれば、

エクオールには以下の作用があります。

  • ほてりや多汗症などの更年期症状の改善
  • 骨粗しょう症・メタボや高血圧などの生活習慣病の予防
  • しわ、たるみの改善
  • シミ・美白・美肌
  • 乳がんの抑制
  • 脱毛改善効果

特に、更年期で気になる症状「ホットフラッシュ・のぼせ・ほてり」

は、つらいものです。

突然カーッとのぼせてきて、大量の汗が吹き出し、顔が赤くなり

胸の動悸がドキドキしだすので、何か大きな病気にかかったのではないだろうか?

と心配するのです。

でも、安心してください。

これらの症状も、女性ホルモン=エストロゲンの急激な減少によって引き起こされる

「更年期障害」なのです。

自分も歳をとったな~と、現実に向き合うのはたいへんツライですが、

エクオールを摂取することで改善できるのであれば、明るい毎日に生まれ変われます。

わたしも自分自身で悩んだことが、このページを書くきっかけとなりました。

イライラも、不安感も不眠症もなくなり、家族にも「優しくなったね」と言われました。

さあ、アナタも

一歩踏み出して、楽しく明るい自分に生まれ変わりましょう!

>>最安値「エクオール」サプリを買う前に必ず読むテキスト【口コミ完全版】