ポーラ『ホワイトショット SX』の口コミ・評判と詳細とデメリット

ハイブリッドポーラ『ホワイトショット SX』は、気になる部分に使用するクリームタイプの薬用美白美容液です。コクのあるクリームが気になる部分に密着し、美白有効成分をメラノサイトにじっくり届け、シミ・ソバカスを防ぎます。

評価投稿数: 2
5

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

ポーラ『ホワイトショット SX』の口コミ・評判と詳細とデメリット SKU UPC Model

目の下のそばかすが気になっているので指先にとって塗り塗り。ぴたっと肌に密着して皮膚に膜は張ったよ

小町さん 

京都府  |  
20代女性  |  
学生  |  
2015/3/01
5

目の下のそばかすが気になっているので
指先にとって塗り塗り。

ぴたっと肌に密着して皮膚に膜は張ったような肌触りに変わります。
このピンと張ったような感覚の美容液は
私は大好きなので、使い続けると思います。

おもいのほか私のそばかすも少し薄くなってきました。

購入のきっかけ:女性誌の特集

少しかためのクリームタイプの美容液でしたがぴたっと肌にフィットして気になる部分を集中して使えたの

プリンプリンさん 

島根県  |  
40代女性  |  
販売員  |  
2015/2/13
5

少しかためのクリームタイプの美容液でしたが
ぴたっと肌にフィットして気になる部分を集中して
使えたので大満足です!

購入のきっかけ:雑誌の広告
5.0 5.0 2 2 目の下のそばかすが気になっているので指先にとって塗り塗り。ぴたっと肌に密着して皮膚に膜は張ったような肌触りに変わりま ポーラ『ホワイトショット SX』の口コミ・評判と詳細とデメリット

ハイブリッド

 →ポーラ ホワイトショットSX

ポーラ『ホワイトショット SX』の評価

製品名 ポーラ『ホワイトショット SX』
制作会社 株式会社ポーラ
商品の特徴
  • 「密着ショット感触」のピンポイント美白美容液
  • 肌本来が持つ「セルフクリア機能」に注目
  • 「メラニンの過脂化」に着目
  • 新処方「ショットデリバリー処方」開発
価格 12960円

ハイブリッド

ポーラ『ホワイトショット SX』の詳細

ホワイトショット SXは、ポーラ株式会社が販売している、肌(角層)の「セルフクリア機能」と「過脂化メラニンキャップ」に着目したシミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液です。

それではさっそく、ホワイトショットSXがいったいどういった商品なのか?ホワイトショットCXとの違いは何なのか?ご一緒にみていくことにしましょう。

ホワイトショット SXの『セルフクリア機能』とは…

ハイブリッド同シリーズのホワイトショットCXにも採用されている『セルフクリア機能』。さすが美白シリーズの累計ベストコスメ16冠を受賞し、美白の歴史をリードしてきたポーラ。独自の美白研究により解明した人が自ら白く美しくなる力です。

それを子供のころに日焼けしてた肌が冬にはすっかり消えていたメカニズムに例えています。

その中身はといいますと、ビワの葉から抽出したオリジナルの美容成分『SCリキッド』に決め手があり、これを配合することによってセルフクリア機能を自然と高めながら透明感のある肌へと導いてくれます。

ホワイトショット SXは『メラニン過脂化』に着目

こちらはホワイトショットSXのみに配合されているポーラ独自の美容成分『m-シューター』

ハイブリッド

『m-シューター』とはクロレラ・カッコン・アロエなどから抽出した複合エキスです。

これに、アーティチョーク、ユズから抽出した複合成分である『クリアノール』を配合し、さらに透明感のある肌へと導いてくれるのです。

ホワイトショット SXの新処方『ショットデリバリー』

ハイブリッドこちらの『ショットデリバリー処方』は同シリーズであるホットショットCXにも採用されておりますが、CXは浸透ショット感触なのに対して、こちらのSXはコクのあるクリーム質が気になる部分へピンポイントにピタっと密着する『密着ショット感触』を採用しています。

美白有効成分を内包したエマルションと肌に密着性の高いエマルションで、気になる部分へとどまって化粧膜を形成します。

そして、シミの元になるメラノサイトと親和性の高いエマルションが美白有効成分を内包しているので、効率よくメラノサイトまで届くという仕組みです。

ホワイトショットSXのだいたいの特徴はわかったのですが、実際に使ってみないとなんともいえないので、ポーラ株式会社へCXとSXの2つを同時に注文してみました。

ポーラ『ホワイトショット SX』を実際、購入して試してみました♪

とりあえず、美白だけじゃなく保湿ケアもしたいし、気になるシミも増えてきたし、ピンポイントで美白するならSXだなと、CXにくわえてホワイトショットSXも同時に購入~一週間以内には自宅に届いてくれました。

ハイブリッドダンボールを開けると、シンプルな黒色のパウチに、手書きの素敵なロゴが入っていて高級感がありますね~

さっそく1プッシュ出してみると、濃厚なとてもこってりとした固めのテクスチャーでしたが、肌に伸ばしてみると固めなのに、驚くほどよく伸びて、ぴったりと肌に密着しながら、ツーっと伸びて肌にフタをしてくれている感じになりました。

ゲルというよりは、クリーム状の美白美容液ですね。

これなら使用量も少量ですむので、価格は高かったですが意外にコストパフォーマンスは悪くないと思いました。

無香料で使いやすく、盛り乗せも可能なので、さっそく次の日からは、このSXのコクのあるクリームをシミの上にのせ指で5秒ほどあたためてから浸透させるようにしています。

シミより一回り大きくぬるのがコツ。

やはりピンポイントでシミを狙い撃ちできるのがいいですね!

しかし、このホワイトショットSXは、できているシミに対してアプローチしていくため、すぐには効果は実感できませんが、肌の表面にしっかりとどまってくれるし、重ねづけしても重くならない感じも嬉しいです。

肌にぴたっと密着する感じで、つけた後はぺたぺた感があるものの、肌にスーッと浸透してべたつきもなくしっとり肌になっていきました。

使用して一週間経過…

 もちろんホワイトショットCXとの併用ですので、ダブル効果での結果なのですが、肌に透明感があらわれて、ツヤツヤふっくら何歳か若返ったような心持ちでいると『ファンデーション変えた?』と職場の人からよく聞かれるようになりました♪

CXに関しては浸透していく感じなのですが、ホワイトショットSXは浸透というよりは、長時間肌にとどまって効果を届ける感じで、みずみずしくなじむという感じはあまりありません。

しかし、肌にとどまるといっても、さらっとした皮膜感なのでベタつきは全然気にならないし、美白美容液として皮膜感による保湿効果が高いせいか、保湿力とハリ感がとてもでてきますね。

使い続けて1ヶ月…そして現在

一ヶ月、使い続けていくうちにシミも目立たなくなり、効果には大変満足しています。

10代のころから気になっていた鼻の頭のシミが薄くなってきたのがわかります。

もし、同シリーズを両方のどちらかだけしか買わない方には、くすみが気になる場合はCX、シミをこれ以上進行させたくない場合にはSXが良いかと思います。

しかし、CXがみずみずしく、さわやかな使い心地なので、その上からコクのあるSXを使用することで、お肌の感想を気にせず使うことができるのでできれば、2つセットで使われたほうが効果があがりやすいと実感。

ポーラ『ホワイトショット SX』の評価とデメリットとまとめ

ハイブリッドというワケで、前回のホワイトショットCXに引き続き、ホワイトショットSXもご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか?

ホワイトショットSXにあがっているデメリット(悪い点)に注目して見ますと、

半年以上使ったが、私の頑固なシミには効かなかった

というかなりの少数ですがご意見があがっています。

すべての人のシミを消せるわけではないのですね…

個人的には今まで美白美容液と聞くと、アンチエイジング系の美容液と比べて、肌が乾燥するイメージがあったので、そこはポーラ、しっかりと保湿力を感じてくれるので、重宝しています。

あとは前回も記述しましたが、高級化粧品なので価格がネックになっている人も多いのでは?と思いますが、今年こそ本気でシミ対策や美白などをしたい人には、それに答えてくれる商品だと思いました。

以上、『ホワイトショットCX』についてのレポートでした!

参考になりましたでしょうか?

皆さんも是非、お試しくださいね~

美白

 →ポーラ ホワイトショットSX