冷え性のあなた!【カラダを温める7つの方法】ぜんぶ教えちゃいます~

冷え性

最近めっきり寒くなりましたね~

冷え性でお悩みの方、結構いらっしゃいませんか?

今回ご紹介するテーマは、女性の永遠のテーマ?とも言われる、

冷え性(体の冷え)についてです。

私も30過ぎてから、季節を問わず、冬はもちろん夏でも

冷え性、特に足先の冷え、に悩まされております。。

これから紹介することは、

冷え性の症状・悩み、冷え性の原因、冷え性の対策・改善法です!

体の冷え、足の冷えでお悩みの方の参考になればな~と思います^^

最近こんな悩みや症状ありませんか?

冷え性の症状

*手足がいつも冷たい

*寝るとき、足先が冷たくて気持ち悪い

*足がパンパンで、むくむ

*顔色がよくない・・

*靴下を履いても温もらない

*末端冷え性で、足先、指先だけ冷たい

*血のめぐり(血流)をよくしたい

若いころはそこまで気にしたことがなかったんですが、

私も30過ぎてから、

汗はかくのに、体はなぜか冷たい、

時々足が冷えてしびれるなぁ・・

と、深く悩みはじめました。

夜ねるときは、足が氷のように冷たくなり、

旦那の布団に足だけ投げて寝たり(笑)、

手はつねに冷たく、子供の着替えを手伝うと、

「ママの手、つめたい!」と叫んで怒られることも・・

そこで、そもそもなんで冷え性って起こるんだろう??と

疑問に思ったので、冷え性の原因についてまずは調べてみました。

冷え性の原因は?

はてな冷え性といっても、足の冷え、手の冷え、腰の冷えなど、

部分的に冷たくなったり、

体全体がつねに冷えている感じがする・・

という方もいるかもしれませんね。

冷え性の原因は、

体中の血行(血のめぐり、血流)が悪いために起こります。

寒いところにいると、血管が収縮(しゅうしゅく)して、

血行が悪くなり、体温が下がります。

暖かいところに戻ると血管がゆるみ、血液の流れがよくなり、

体温があがります。

つまり、血液の流れ(血のめぐり)がよくなると、

体温があがり冷え性になりにくいようですね~

冷え性になりやすいNG(良くない)習慣

では、冷え性の対策・改善法をお伝えする前に、

冷え性になりやすい生活習慣をご紹介します!

*冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎる

夏野菜食べ物(特に夏野菜)によっては、体を冷やしてしまい、冷え性の原因になります。

冬場は特に、冷たいジュースやアイスクリームなども、できるだけ避けましょ~。

*冷暖房(エアコン)の整った場所に、長い時間滞在(たいざい)

特に、夏場に冷房の効いた場所にいすぎると、

血管が収縮し、血の巡りがわるくなり、冷え性の原因につながります。

*運動不足

女性は、男性にくらべ、筋肉量が少ないため、

冷え性になりやすいようです。

普段から、意識的に体を動かしたり、

適度な運動を心がけるといいですね~。

*自律神経の乱れ

緊張するストレスや生活習慣の乱れにより、自律神経が乱れ、

内臓のはたらきも弱まり、体に不調をもたらします。

自律神経の機能がみだれると、冷え性の原因にもつながります。

*衣類や靴下の過度なしめつけ

足先が冷たいからといって、タイツや靴下も2重、3重に履くかた、

結構いらっしゃいませんか?

私もそうで、寒いときには靴下は2枚はくことがあるのですが、

これは逆に体を締めつけ、血流を悪くするようですね。。

冷え性を改善するための対策法とは?

では、どうやったら、冷え性を改善できるのか・・

一番大切なことは、体を冷やさないことです。

最近「温活」という言葉も流行ってますよね?

温活とは・・心と体を芯からあたため、血の巡りをよくする活動です

冷え性を改善したい方は、すぐにでも「温活」を実践してみてはいかがでしょ~

今からでもできる温活方法を3つご紹介します!

◎食事で温活

根野菜

まず、血の巡りをよくするためには、体中の代謝を上げることが重要です。

代謝をあげるためには、あたたかい食べ物、飲み物をとりいれ、

内臓を温めることが効果的

例えば、飲み物は、体を冷やさないためにも

ホットか常温のものがおすすめです。

食べ物は、体を冷やす南国の食材はさけ、

冬の野菜(大根、れんこん、ごぼう、しょうが)といった

体をあたためる根菜類を積極的にとりましょう

冷え性に効く、体を温める作用のある漢方などもオススメですね~。

◎お風呂で温活

温活入浴は、全身を温めることができるスペシャルタイムです。

シャワーだけでなく、湯船につかることで血流をよくし、

発汗をうながしましょう~。

40度のお湯に20分ほど浸かるのが効果的といわれています。

入浴剤などを使って、発汗作用をうながすのもいいですね。

◎運動で温活

無理のない簡単なエクササイズ(運動)も、

代謝をあげるのにオススメです。

足のグーパー運動(足の指を広げたり縮めたり)をしたり、

休日は30分間のウォーキングでじわ~と汗をかくのも

効果的です。

温活が、体にもたらす効果とは?

では、温活をすることで、

体にどのような効果があるのかまとめてみました。

大きく3つの効果をご紹介します!

◎冷え性が改善される

ぽかぽかまず、冷え性でなやんでいる方には嬉しい効果ですよね~^^

毎日の生活のなかで「あたため」を意識することで、

冷え性ともおさらばできるかもしれませんね~

◎体のむくみ、足のむくみがとれる

体を温める生活をおくることで、

血流や代謝がよくなり、むくみが解消されます。

むくみがひどい場合は、締めつけのキツイ靴下や下着などは

できるだけ避けましょう~。

◎顔色がよくなる

血流が悪いと、顔色が悪かったり、

なんだかどんよりみえたり、化粧のノリが悪かったり・・

と、いいことなしですよね。

温活で血の巡りをよくすることで、新陳代謝がよくなり、

顔色も化粧のノリもよくなり、

美容効果もうまれます!

◎ダイエット効果

温活をすることで、体の中の代謝があがり、

消費エネルギーのアップにつながります。

また、朝からスッキリ(快便)も期待でき、

ダイエットにも効果的ですね~。

冷え性にならないためのまとめ

あたたかい温活で血の巡りや代謝をよくすることで、冷え性改善だけでなく、

美肌効果やむくみ改善などにもつながることがわかり、

やって損はないな~と感じましたね。

正直、今までは自分の冷えた体を一時的に温めるグッズ

(ゆたんぽやカイロ、電気毛布など)に頼りっぱなしでした。

今回、わたしも簡単にお金もかからずタダでできる

温活を実践してみました。

できるだけ体をあたためる冬野菜(根菜類)を中心に食べたり、

今までシャワーしか浴びなかったのですが、

浴槽につかって半身浴を心がけました。

半身浴って、代謝や血流がよくなるだけでなく、

ストレス発散といいますか、心もスッキリなるんですね。

一日の疲れがドーっと取れる気がします^^

温活効果そのおかげもあり、

キンキンに氷のように足先が冷えることがなくなりましたよ!

さらに、寝つきもよくなり、熟睡できるようにもなりました~。

温活効果、おそるべし!ですね(笑)

休日は旦那と、運動をかねてウォーキングを30分ほどしたり、

普段車でしか通らない風景が、また違ってみえたりと、

おもしろい発見もできましたよ~^^

日々の生活にカンタンに取り入れることができる温活。

アナタもぜひ温活で、冷えた身体とさよならして、

健康な身体を手に入れてみてはいかかでしょ~^^

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です