糖質制限をするために… その1『糖質とはそもそも何か?』

toshitsuseigentoha1糖質制限するようお医者さんから宣告されてしまった!、または糖質制限してダイエットして痩せたい!と考えている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、そもそも『糖質』というものを理解されていないかたが非常に多いので、ここでは少しでも糖質についての知識を深めてもらうためにわかりやすく、説明させていただきます。

まず、糖質=甘いものという印象を持たれている人が実に多いのですが、当たっているようでそうではありません。

実際は、『甘く感じない糖質』もあるからです。

それはぞくにいう『でんぷん』と呼ばれるイモ類小麦、お米に含まれているものです。

わたしは甘いものが好きではないのに、血糖値が高い!または糖尿病になられた人はこのでんぷんが多く含まれた食生活をされているのではないでしょうか?

でんぷんを多く含むたべもの

okakiもし、あなたが以下の食べ物が大好きでよく摂取されているなら要注意です!

血糖値が高い、あるいは太ってしまう体質になっているのではないでしょうか?

まず、お米を原料に使った『おかき』『せんべい』。

そして、じゃがいも、とうもろこし、小麦を使ったスナック菓子もでんぷんが多く含まれているのでお気をつけを!

でもこれって炭水化物のことなんじゃないの?

とツッコミが入るかもしれせんね。

このあたりの食品はよく炭水化物とまとめて呼ばれることが多いのですが、細かく言いますと炭水化物には『食物繊維』も含まれてしまいます。また食物繊維には糖質はありません。

つまり、炭水化物から食物繊維を抜いたものが糖質となります。

ですので、まず最初に気をつけていただきたいことは糖質のイメージですね。

甘いもの+でんぷん

がすべて、糖質であるという認識をもっていただくことが、高血糖値、糖尿病、太り気味の体の改善の第1歩となるのです。

ですので、『炭水化物は太る』ではなく、そのなかの糖質を摂りすぎているから太るということですね!

だから糖質の正体って何?

糖質には数種類の糖があります。

単糖

tanto

ブドウ糖や果糖

これが糖質の最小単位です。

ブドウ糖はコーンシロップや果物、植物の根に多く含まれています。

果糖ははちみつと果物に多く含まれます。

二糖

sugar

砂糖(ショ糖)、乳糖、麦芽糖

砂糖は、おなじく果物とはちみつに多く含まれていますが野菜にも含まれています。

乳糖は字のごとく牛乳、麦芽糖も穀類から発芽する際のでんぷんが分解されたものです。

オリゴ糖

origotou

単糖が3個から10個につながったものをオリゴ糖といいます。

多糖

gurikogen

単糖が10個以上つならると多糖と呼ばれます。

実は多糖には単糖が1万個以上つながったものもあるんです(笑)

多糖になるとエネルギーを貯蔵できる役割が加わるため、栄養価が高くなります。

穀類、いも類、植物に含まれているでんぷんや、動物の肝臓と筋肉に存在するグリコーゲンがそれにあたります。

糖アルコール

sake

上記の糖とすこし形が違いますが、アルコール類特有のかたちをしている構造の『糖アルコール』も存在します。

糖アルコールは日本酒、ワインはもちろんのこと、果物や野菜、海藻類ときのこにも含まれているというから不思議ですね~

そして醤油などの発酵食品にもおおく含まれます。

そもそも糖アルコールを分解すると原料は、ブドウ糖と砂糖、麦芽糖なのでそれらを発酵させて酵素反応した糖アルコールは甘味料に多く利用されているのです。

 

(次回に続きます)