酵素っていったい何者?酵素の種類をあばいてみました

kousokoubo酵素と酵母っと名前も似てるし、よく見分けがつかなかったりしますね。

しかし、酵母はよく昔から聞いていたのですが酵素がここ数年でダイエットやサプリメントでよく耳にするようになりました。

それではまず、酵素についてお話したいと思います。

その昔、日本では脂肪とタンパク質と炭水化物が3大栄養素として重要視されていました。

しかしこの3つだけでは代謝がうまくいかないということで新しくビタミンとミネラルが加わりここに5大栄養素が誕生したのです。

その頃はもちろん酵素の『こ』の字も言われてませんでしたけどね(笑)

そして近年また新たに食物繊維が加わったのです。

酵素といえば生命を維持する上でとても大切なものです。どうして大切なのかといえば、無条件に息をしたり、筋肉を動かしたりするのも酵素の力だからです。

つまり酵素は食べ物を消化吸収するときだけに使われるのではなく、すべての生命の活動にかかわっている主役といえるでしょう。

酵素の役割

よくサプリメントが最近の流行になっています。

それはもちろん、ミネラル・ビタミンの補給はたいへん大切です。しかしこれだけではイマイチ効き目が実感できなかった方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、実はミネラル・ビタミンは酵素の働きがなければ体内でうまく機能しないのです。

知ってましたか?

そういう意味合いからミネラル・ビタミンは最近では『補酵素』とも呼ばれているのです。

酵素の構造

酵素ってどうやってできてるのか不思議に感じる人もいるかもしれません。

基本的には酵素はミネラルの周りに巻きついたタンパク質です。実にさまざまな種類がありましてその数3000ともいわれていますが、この3000種類の酵素はそれぞれすべて別々の働きをするのです。

アミラーゼとプロテアーゼ

amiraseたとえば、唾液の中にふくまれる酵素でアミラーゼというものがあります。

これはデンプンを分解する酵素の種類です。

タンパク質を分解するのはプロテアーゼという酵素です。

それぞれまったく違う機能をになっており、お互いの機能をカバーすることはありません。

よく熱に弱いといわれている酵素。本当はどうなの?

kousonetsu酵素は熱に弱いので、なかなか摂取できないから酵素ドリンクを飲みましょうみたいな宣伝文句が多いです(笑)

体にいいのはわかっていても熱で消えるならどうやって摂ればいいのかわからないし、かといって、何でもサプリメントにたよるのもイヤって人多いと思います。

では、実際、酵素はどれくらいの温度まで耐えれるのかといいますとだいたい50度~70度で消えてなくなります。

もともと酵素の中身はタンパク質なので卵でも加熱すると 透明の部分が白くなるじゃないですか?

あのような感じで酵素もタンパク質が加熱して消えるので、 あまり過熱した食事ばかりを食べてしまうと、酵素が不足がちになるので 酵素の入った食品を別で食べないといけなくなるのです。

酵素の入っている食べ物を探せ

 nattoでは、いったいどのような食べ物に酵素が含まれているのでしょうか?

熱に弱いとなるとやはり生に近い、新鮮な食べ物となりますね。 果実、生野菜、生肉、生野菜がそれにあたります。

これとは別に日本の伝統食品である発酵させるものも酵素が多く含まれています。

ぬか漬け、納豆、お味噌などがそれにあたります。

これらを総称して食物酵素といいます。

食物酵素は熱の通した食べ物と一緒に食べると消化を助けてくれる役割があるので、ぜひ一緒に食べていただきたいです。

酵素の種類をさらに細かく分類すると…

次に酵素の中身なのですが、先ほどの外から摂取する食物酵素の他に体内で作り出すものももちろんあります。

しかし、一人の人間が一生で作る酵素の量は決まっており、限界があることが近年分かってきました。

これを潜在酵素と呼びます。

先ほどの食物酵素と違い、体内で作られている潜在酵素はまたまた2つに分けられて

『消化酵素』『代謝酵素』に分類されています。

消化酵素の働き

読んで字のごとく消化を助けるための酵素です。

私たちの食べているご飯を消化分解しながら、吸収していくのに必要な酵素なのですが、先ほどもでたアミラーゼがでんぷんを分解し、プロテアーゼがタンパク質を分解する消化酵素というわけです。

脂肪を分解する消化酵素はリパーゼと呼ばれています。

代謝酵素の働き

つづいて代謝酵素なのですが、これはさまざまな働きをします。たとえば栄養を吸収して細胞に届ける新陳代謝、汗と尿で毒素を除去したり、体を病気から守ったり修復する自然治癒力免疫がそれにあたります。

いかがでしょうか?

酵素って実は私たちのカラダで重要な働きをしてくれてたんですね。

目に見えないだけにその存在がよくわからなかったのですが、もう一度酵素のありがたさについて考えてみるのもいいかもしれませんね。